DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

記事詳細:Detailed Article

Duoclieudongy Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20130704 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

衝突試験後の車室内水素濃度測定法に関する妥当性
Validity Evaluation of Test Procedure for Post-Crash Hydrogen Concentration Measurement in Cabin

田村 陽介,大塚 宣明,竹内 正幸
Yohsuke TAMURA,Noriaki OHTSUKA,Masayuki TAKEUCHI

現在,燃料電池自動車の世界統一基準(HFCV-gtr)では,衝突試験における水素漏れ量と,車室内やトランクルームなどの閉鎖空間での水素濃度1) を制限する規定の検討が進められている.現状の基準案では,水素許容漏れ量は118NL/min以下(ヘリウム代替試験ではヘリウムの許容漏れ量は88.5NL/min)とし,車室内やトランクルームなどの閉鎖空間での水素濃度は 4vol.%以下(ヘリウム代替試験の場合,3vol.%以下)でなければならないとされる.
 筆者らは本試験法の妥当性を調べるため,側面衝突試験後を模擬した車両での水素漏洩試験を行い,車室内外の水素濃度を測定した.その結果,水素許容漏れ量以下であっても,車室内の水素濃度は4vol.%を超える場合があることや,風速0.5m/sの風により車室内の水素濃度は影響することなどが明らかになった2).
 本研究では上記の検討結果を踏まえて、実際に側面衝突試験を実施し,その車両を用いた水素漏洩時の車室内の水素濃度を計測し,衝突バリアの影響や車室内水素濃度に影響しない風速条件および水素ガスの代替ガスとして提案されているヘリウムガスによる試験方法の妥当性を調査した.
To evaluate the validity of post-crash concentration tests for enclosed spaces of hydrogen-fueled vehicles suggested by HFCV-gtr, we investigated the influence of the collision barrier and wind on the hydrogen concentration in enclosed spaces using a vehicle after a side-crash test, in comparison to an alternative test using helium gas. The test results indicated that the hydrogen concentration of the enclosed space varied depending on with a moving barrier and light wind (wind velocity 0.1m/s). Moreover, the He / H2 concentration ratio of the enclosed space was less than 0.75, depending on the leakage location or the nozzle diameter. Thus, many problems in conducting post-crash concentration tests remain.

種別 / Article Type

Duoclieudongy Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20130704 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2013/07

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy

分野詳細 / Detailed Field

環境・エネルギ
ID:26
 

▲ページトップへ

Duoclieudongyについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ