DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

記事詳細:Detailed Article

Duoclieudongy Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20180201 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

圧縮水素容器の安全弁作動確認手法に関する検討
Study of a Post-fire Verification Method for the Activation Status of Hydrogen Cylinder Thermally-activated Pressure Relief Devices

山崎 浩嗣,田村 陽介
Koji YAMAZAKI,Yohsuke TAMURA

 燃料電池自動車(FCV)に搭載されている圧縮水素容器には,火災時に容器の破裂を避けるため,火炎の熱を検知し,容器内のガスを放出させる熱作動式安全弁(Thermally-activated Pressure Relief Device:TPRD)が装着される.しかし,消火活動などでTPRDが作動する前に鎮火すると,焼損した容器には高圧の水素ガスが残された状態になる.過去に発生した圧縮天然ガス容器事故等の教訓から,火災車両を安全に移動し,かつ容器を廃棄処理するためには,TPRDの作動の有無を確認し,容器内に高圧のガスが残されているのかを確実に把握する必要性がある.
 通常,容器内の圧力は容器に接続された圧力センサによって把握できるが,鎮火後においては,センサや配線などの焼損によって把握できないことがある.火災現場でのTPRDの作動の有無は,TPRDの可溶栓が溶融した痕跡(Fig.1),TPRDのガス放出口が地面へ向けられた場合のアスファルト路面上の焼損(Fig.2)から判定する方法がある.しかしながら,焼損が著しいとTPRDの可溶栓の溶融金属が残らないことや,TPRDのガス放出方向が地面へ向けられていない場合,路面の焼損からTPRDの作動を判定できない.
 そこで本研究では,容器内に残存するガスをTPRDのガス放出口から水素濃度計で検知する手法により,火災現場において簡易的にTPRDの作動の有無を判定する手法を検討した.

From a fire accident site, to safely move a hydrogen fuel cell vehicle equipped with a carbon fiber reinforced plastic composite cylinder for compressed hydrogen (CFRP cylinder) and also safely scrap the burnt vehicle, it is necessary to verify whether the thermally-activated pressure relief device (TPRD) of the CFRP cylinder has already been activated, releasing the hydrogen gas from the cylinder. To develop a simple post-fire verification method for TPRD activation, the present study was conducted on a simple technique of verifying TPRD activation by measuring hydrogen concentration at the TPRD gas release port, using hydrogen densitometers and Type III and Type IV CFRP cylinders having different linings. As a result, TPRD activation status can be determined by measuring gas concentration with a catalytic combustion hydrogen densitometer at the cylinder’s TPRD gas release port within 24 hours of its activation.

種別 / Article Type

Duoclieudongy Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20180201 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2018/02

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8015
 

▲ページトップへ