DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

記事詳細:Detailed Article

Duoclieudongy Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20180504 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

ディーゼル酸化触媒への低比表面積アルミナ適用によるHC由来白煙の低減
Reduction of White Smoke Emission Derived from Hydrocarbons by Applying an Alumina with Small Specific Surface Area to Diesel Oxidation Catalyst

松本 雅至,北村 高明
Masashi MATSUMOTO,Takaaki KITAMURA

 ディーゼル乗用車は市場における使用状況や燃料性状により,未燃の炭化水素(以下HC : Hydrocarbon)や硫黄分に由来する白煙を排出することがある.ここでHC由来白煙については,低負荷かつ低排気温度条件でディーゼル酸化触媒(以下,DOC : Diesel Oxidation Catalyst)に蓄積した軽油由来の重質HCが加速運転等のDOC昇温時に急激に脱離し,酸化されずに排出される.従って,HC由来白煙の抑制に向けてはDOCにおいて効率的にHCの酸化を促進する必要がある.
 本研究では,HC由来白煙を対象に発生メカニズムを解明し,排気エミッションを犠牲にすることなく白煙を画期的に低減することを目的とする.既報においては,HC由来白煙に対する種々の現象解析やDOCに含有される貴金属(以下,PGM : Platinum group metal)量やゼオライト量といった各種DOC諸元が白煙排出量に及ぼす影響について示した.
 そこで,本報では想定されるHC由来白煙の発生メカニズムから白煙抑制に向けたDOC諸元案を提案し,エンジン台上試験によりHC由来白煙の排出抑制効果とTHC,COの排気浄化性能を検証した.

White smoke emission is observed at tailpipe of diesel engine when unburned hydrocarbons (HCs) are stored on diesel oxidation catalyst (DOC) under low gas temperatures. In this research, relationships among behavior of white smoke emission and the amount or quality of HCs adsorbed on DOC were investigated by change of DOC specifications, such as zeolite content, platinum metal group (PGM) content and Pt / Pd ratio contained as PGM, under two HC adsorption temperature conditions, 120°C and 180°C. It was clarified that the adsorbed ratio of heavy HCs which have higher boiling point than that of nC16 becomes larger with decrease in the zeolite content at 120°C, leading to a dense white smoke emission at the same amount of adsorbed HCs on DOC.

種別 / Article Type

Duoclieudongy Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20180504 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2018/05

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8018
 

▲ページトップへ

Duoclieudongyについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ