DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

記事詳細:Detailed Article

Duoclieudongy Research Journal (2012~)IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20181001 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

二輪車におけるISO 26262に基づくハザード分析およびリスクアセスメントの詳細検討
Detailed Study of Hazard Analysis and Risk Assessment of ISO 26262 for Motorcycles

長谷川 信,金子 貴信
Makoto HASEGAWA,Takanobu KANEKO

 自動車の電気/電子システムの機能安全国際規格ISO 26262は2011年に発行され,乗用車をその対象としているが,2018年に発行が予定されている第2版において二輪車も対象に含まれる見通しである.2016年に発行された第2版のDraft International Standard (DIS)では,二輪車への適用方法を記述した,Part 12が新たに追加されている.
 本研究の目的は,二輪車に対しISO/DIS 26262に基づき詳細なハザード分析およびリスクアセスメント(Hazard Analysis and Risk Assessment: HARA)を行ない,エクスポージャ,コントローラビリティ,シビアリティの精緻な導出方法の事例を示すことである.乗用車のAutomotive Safety Integrity Level (ASIL)導出に関する研究発表事例はある程度存在しているが,二輪車のMotorcycle Safety Integrity Level (MSIL)導出に関するものはほとんどみられない.そのため本研究は二輪車の機能安全適用の参考例として二輪車業界に役立つと考えられる.
 われわれは過去の研究において,乗用車とは異なると想定される二輪車のエクスポージャ調査,二輪車用のコントローラビリティ推定および評価方法,事故データ分析に基づくシビアリティの推定方法の研究を行なってきた.
 本研究ではこれらの研究成果を用いて詳細なHARAを実施した.具体的には二輪車の走る,止まるに関わる代表的なシステムであるAnti-lock Brake System (ABS), Combined Brake System (CBS)およびThrottle-By-Wire (TBW)システムに対し詳細なHARAを実施し,その結果を示す.

ISO 26262, an international functional safety standard of electrical and/or electronic systems for motor vehicles, was published in November 2011, and it is expected that motorcycles will be included in its scope in the next revision scheduled in 2018. To determine the Motorcycle Safety Integrity Level (MSIL) properly, it is necessary to precisely estimate three factors: Exposure, Controllability and Severity. It is important to apply motorcycle specific knowledge and estimation methods in order to precisely estimate these factors and it may not be appropriate to apply studies done for motor vehicles to motorcycles. In this study we executed Hazard Analysis and Risk Assessment and estimated precise Exposure, Controllability and Severity based on the knowledge and methodology we have accumulated. The motivation of our work is to show precise Exposure, Controllability and Severity estimation with concrete rationales, and to contribute to the motorcycle industry's Functional Safety application.

種別 / Article Type

Duoclieudongy Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20181001 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2018/10

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:8034
 

▲ページトップへ

Duoclieudongyについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ