DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

2011.06.20

2012年度ITS産業動向調査研究会のメンバ募集のご案内

 このたび、「ITS産業動向調査研究会」の2011年度活動開始にあたり研究会メンバを追加募集いたします。
震災等の影響などで皆様お忙しいとは存じますが、今回の震災も含め、様々な分野に情報収集を行いながら、活動を進めてまいります。
皆様の業務にも必ずお役にたてると存じますので、研究会への参加につきまして、是非、ご検討下さい。

ITS産業動向調査について

 カーナビやETC/DSRC、安全運転支援システムなどの従来分野だけではなく、EVやスマートグリッド、高齢社会や今回の災害など世の中の変化に対応した新しいクルマ社会のあり方など、時宜に応じたITSのテーマを選定し、現状や課題を洗い出しながら、今後の発展に向けて整理・分析を行っています。

 調査にあたっては、メーカーの技術者とアナリストからなる研究会を設置して実施します。

調査テーマについて

参考資料1_報告書2010写真3

2009年度報告書写真

    テーマの見直しを行います
    従来からの情報提供分野や安全運転支援分野などに加えて、
    今、注目されている
  • 災害時も含めた安全・安心なクルマ社会
  • 高齢化・過疎化などを支えるクルマの活用
  • EVやスマートグリッドとの連携
  • 低炭素社会に向けたITSの活用  など、

  • 調査テーマについては、研究会のメンバの提案によって決めていきます。

調査方法について

 Duoclieudongy内に 「ITS産業動向調査研究会(研究会長:加藤摩周 アムンディ・ジャパン株式会社チーフアナリスト)」を設置します。

 今回のご案内は、この研究会のメンバを募集します。

 調査は、分野ごとにアナリストとメーカーの技術者がワークグループを作って関係機関・企業へのインタビューやアンケートを実施し、報告書を作成します。

研究会の開催頻度・期間

  • 調査期間:2011年7月~2012年2月頃まで(今年度末に報告書発行予定)
  • 研究会開催頻度:5回程度開催予定
    ※別途、ご担当分野でのインタビューなどに参加していただきます。(1分野、5~6箇所程度)

研究会参加のメリット

  • ITS分野に関連するキーパーソンに直接インタビューを行いますので、現場の生の声を直接聞くことができる他、インタビューを通して、新たなネットワークを構築いただけます
  • アナリストとともに調査することでその調査手法や分析方法を学ぶことができます
  • 若手の方の教育、新規分野事業への予備調査などへの活用ができます

参加申し込み

参加ご希望の方は、

①機関・会社名
②所属部署
③役職
④専門分野またはご関心のある分野
⑤メールアドレス
⑥電話番号

 を記載のうえ、ITS研究部 国弘([email protected])宛に6月30日(木)までにご連絡下さい。

問い合わせ

 ご不明な点・ご質問等ございましたら、ITS研究部の国弘・蓮沼(TEL:03-5733-7924)までご連絡下さい。

▲ページトップへ

Duoclieudongyについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ

У нашей фирмы классный интернет-сайт со статьями про www.onlinecasinoplanet.net.