DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

2011.03.01

Duoclieudongy ITSセミナー『繋がり出した自動車』-新しいクルマ社会の創造に向けて-のお知らせ

 今般、自動車を取巻く環境は大きく変化しています。地球環境保全に向けたCO2削減や安全・安心な社会や高齢社会に適応するモビリティの実現など、自動車に対する社会の要請は今までになく多様化してきています。そうした要請に応えていくために様々な施策や新たな技術の開発なども進められています。
そうした動きの一つとして、自動車を通信により外部と接続することで、自動車が抱える課題を解決し、新しいクルマ社会を作り出そうという動きが各方面で活発になってきています。また、ここにきて、ICT技術の進展や電気自動車の出現などにより、クルマを中心として様々な媒体が繋がりだし、新しいサービスが展開され始めました。
Duoclieudongy-ITS研究部では、こうした新しいクルマ社会を創造する主要なサービスや技術の最新動向について紹介いただくセミナーを企画致しました。これからのクルマ社会のあり方を考えるうえでも貴重な機会になると考えております。皆様、奮ってご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

開催日時

  • 日時:平成23年3月16日(水曜日)13:30~17:00
  • 場所:芝パークホテル(別館)ローズルーム
    住 所:東京都港区芝公園1-5-10
    (場所はhttp://www.shibaparkhotel.com/access/参照)
  • 募集人員:120 名(定員になり次第締め切らせて戴きます)
  • 参加費:無料(賛助員対象):賛助員以外の方は別途お問い合わせ下さい。
  • ※Duoclieudongy賛助員とは? こちら 

プログラム

  • 13:30~13:35  開会挨拶(ITS研究部部長 森田 康裕)

  • 13:35~14:05  パイオニアが描くスマートフォン時代のカーナビ戦略(パイオニア株式会社 カー事業戦略部長 兼 経営戦略部事業開発担当部長  畑野 一良 殿)
    スマートフォンの世界的な普及と、それを利用したナビゲーションソフトが普及する時代にカーナビメーカーとしての戦略はどうあるべきかという課題に対して、パイオニアの考える成長戦略を紹介する。

  • 14:05~14:35  クルマ(Vehicle)とITの連携とその成長可能性(日産自動車株式会社 ビークルインフォメーションテクノロジー事業本部 プログラム・ダイレクター  野辺 継男 殿)
    1977年、IT業界にComputer & Communication (C&C)という言葉が生まれた。しかし、実際に情報処理と通信の連携が活発化したのは約15年を経た1990年以降『インターネットを如何に家庭に届けるか』という共通課題が生まれてからである。その後インターネットは1995年に開花しこれまで大きな変革を世界にもたらした。一方、クルマとITの連携は1997年に始まったが、2010年のEVの登場により両者は漸く共通課題を見つけた様に見える。こうした状況を解説し、今後如何にクルマとITが連携し、2015年にはそれは開花し得るのか考察する。

  • 14:35~15:05  次世代ITSの展開 ~政府におけるITSに関する取り組みの最新動向~(国土交通省 道路局 道路交通管理課 高度道路交通システム(ITS)推進室 室長  大庭 孝之 殿)
    我が国のITSについては、ITSスポットの全国展開など普及展開に向けて、活発な動きを見せているところである。また、安全運転支援やグリーンITSの展開など新IT戦略における政府の取組やITSの研究開発や普及展開における日米欧の連携や国際展開など、今後のITSの方向性について多岐にわたる視点から語る。

  • 休   憩

  • 14:35~15:05  歩車間通信システムの開発(沖電気工業株式会社 社会システム事業本部 交通・防災システム事業部 無線技術研究開発部 部長  浜口 雅春 殿)
    現在、安全運転支援や隊列走行向け車車間通信はその実用化に向けて開発が進められている。さらに、この車と車の通信技術を拡張し、歩行者(人)と車両の直接通信を実現する“歩車間通信”の検討が始まっている。この歩車間通信についてのシステムの概要、弊社の取組み状況等を紹介する。

  • 15:50~16:20  プローブ情報の日本における方向性について(日本電気株式会社 オートモーティブ・ITS事業推進室 ITS主幹  前川 誠 殿)
    現在プローブ情報は個社で収集し、個社で交通情報などに変換して情報提供している。しかし、個社での情報の収集には限界があり、収集に関して協調しようとする動きが出てきている。また、政府のIT戦略本部の中にITSに関するタスクフォースが設置され、「2020年までに、高度道路交通システム(ITS)等を用いて、全国の主要道における交通渋滞を2010年に比して半減させることを目指しつつ、自動車からのCO2排出削減を加速する。」ことが公表されている。こうした動きを中心にプローブに関する今後の方向性について紹介する。

  • 16:20~16:50  実現化する全車ネットワークの世界(インターネットITS協議会 事務局長  時津 直樹 殿)
    インターネットITSとして追い求めてきた世界が実現しようとしている。ITの進化や自動車のEV化などはそれを加速させる要因となる。自動車を“高速・定額・接続する”ことによって7000万台の新たな情報マーケットとサービス世界が出現する。その時必要なのは“共通のプラットフォーム”の構造である。固定化された機能ではなく、ユーザーが必要とするサービスを柔軟に実現する汎用性のあるシステムを全員で考えるべき時期である。本セミナーをそのきっかけとしたい。

プログラム, 212 KB)はこちら

お申し込み方法<定員になりましたので、申し込みを締め切らせていただきました。>

    (1)参加申し込みフォームに所要事項を入力して、送信願います。

  • お申し込みフォーム

■お申込受付後、受付番号のご案内をEメールにてご返信します。返信メールをプリントアウトして当日会場の受付にご提出下さい。

■取得した個人情報は、実施、関連会議開催のご案内のためにのみ利用し、個人情報の保護に関連する法令及び規則を遵守し適切に取り扱います。

(2)FAXでお申し込みの場合は別紙2のお申込書をダウンロードして所要事項をご記入のうえ、029-856-1124まで送信願います。なお,FAXの場合,参加証は発行いたしません。

申し込み方法等についてのお問合せ先

(財)Duoclieudongy 広報室 宮本まで
TEL:029-856-0835  FAX:029-856-1124

プログラム・内容等についてのお問合せ先

(財)Duoclieudongy ITS研究部 国弘まで
TEL:03-5733-7924  FAX:03-5473-0655

▲ページトップへ

Duoclieudongyについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ


У нашей компании нужный интернет-сайт , он описывает в статьях про свадебная фотосессия https://tamada.ua/foto/