DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

2009.10.13

「全方位視野ドライビングシミュレータ」完成について

【プレスリリース】「全方位視野ドライビングシミュレータ」完成について

ReleaseHead

                                                              2009年10月6日(火) 

 

全方位視野ドライビングシミュレータが完成

概要

 財団法人Duoclieudongy(理事長:青木 哲 社団法人日本自動車工業会会長 以下Duoclieudongy)は交通事故を未然に防止する「予防安全技術」へのニーズの高まりに応えるため,予防安全及びITSの研究に活用できる最先端技術を駆使した「全方位視野ドライビングシミュレータ」を開発し,このたびプレス公開を行いました。

 本ドライビングシミュレータは,360度の視野を持ち,6自由度の運動で実際の走行状況を室内でシミュレーションし,予防安全技術に関する研究を行うとともに,ヒューマンファクターに関する多方面の研究を可能とするものです。

予防安全の取組み

 予防安全の研究は,事故を未然に防止することが大きな目的です.ドライバの運転行動を詳細に観察することで,ヒヤリハットや事故に至る原因を追究し,その結果を対策技術に反映させます。こうしたことにより,ドライバに対して様々な情報や警報を提示する最先端の技術はもちろん,周囲の状況をより判断しやすくするなど,車両の基本性能の向上に役立っています。

主な装置構成と仕様

■映像表示装置
 プロジェクタ :フルスペックHDプロジェクタ12台
 球面スクリーン      :直径 8 m
 視距  :約 3.7 m
 視野角       :水平 360 度 × 垂直 65 度
 映像分解能   :4.67 分/OLP                 
 平均輝度     :53.3 cd/m2 (ランプパワー 70 %)     
 コントラスト比      :8.86 : 1
■ヘキサポッド 3601
 可動範囲     並進: &mn;300 ㎜ 
   傾斜: &mn;12 度
 最大加速度   並進: &mn;0.4 G 
■ターンテーブル
 可動範囲     &mn;300 度
 最大角速度   &mn; 60 度/s
ステアリング反力
 瞬時最大トルク      33 Nm
アクセル/ブレーキペダル反力
 瞬時最大推力 1450 N
その他主な機能
 ・車両の交換
 ・車両運動計算の変更
 ・あらゆる数値データと映像データ の同期計測
 ・他車両や地形データベースの作成
 ・各種運転支援システムの模擬

今後の予定

 20年に渡るシミュレータを用いた豊富な研究成果を背景に,予防安全技術の開発や評価,予防安全対策の提案など予防安全全般の研究に活かします.

       この件に関するお問合せ先: 財団法人 Duoclieudongy 広報室 

▲ページトップへ

Duoclieudongyについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ