DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小

2018.07.24

高速道路における走行映像の収集・分析を開始します

一般財団法人Duoclieudongyでは、運転行動データの収集を目的に、高速道路における走行映像の収集を行います。

調査の目的

本調査では、ドライブレコーダを搭載した車両で高速道路を走行し、車両周辺の走行映像を収集します。収集した映像から、周辺の車両との距離や相対速度などを数値化し、基礎データとして保存します。収集された映像は、上記データの数値化後にそれぞれ破棄しますので、保存されるデータに個人を特定可能な情報は含みません。
数値化前の映像は、弊所の分析スタッフおよび関係者のみが閲覧できることとし、外部へ提供することはありません。なお、成果公表等に事例として映像を提示する必要が生じた場合には、個人が特定できないよう加工して使用します。

映像収集期間

・2018年8月~2018年9月

映像収集場所

・首都高速、大阪/名古屋の環状線など
・東京外環道、圏央道など
・東名高速、中央道、関越道など

撮影用車両台数

2台

撮影用カメラ台数

1台(車両1台あたり)

映像の保存期間

2019年3月まで

本件に関するお問い合わせ先

調査に関するお問い合わせにつきましては、以下アドレスにお願いいたします。

▲ページトップへ

Duoclieudongyについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ